読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収380万円!節約!副業!~子育てパパの不動産投資~

年収380万円!子育て中のパパが不動産投資、副業、節約を実践するブログ

【副業】 サラリーマン副業の代表?! コンビニでアルバイトを始める「4個」のメリット


サラリーマンの皆様、生活費 or お小遣いは足りておりますでしょうか?

 

私は最近ですが、副業でコンビニエンスストアのアルバイトを始めました

平日は、サラリーマンとして本業で働き、土日のお休みの時にコンビニでアルバイトをしております。
勤務時間は、土日の隙間時間の「各3時間」です。


コンビニ副業は、株式投資アフィリエイトと違い、働けば確実に現金が手に入る「労働所得」です。

時給、950円と計算すると、1か月で2万円ちょっと現金が手に入ります。

 

   ・1か月   「 950円 × 3時間 × 8日 」 約 20,200円

 

「1か月、2万円だけなの?」と思う方もいると思いますが、
 2万円を本業で昇給などで、努力するよりは手軽に現金が手に入る方法と思います。

 (採用されれば1か月後に現金収入が、確実に確保できます。)

 
 毎月、2万円の給料が増えると考えると、1年間で24万円の給料アップが見込まれます。
 
24万円って、本業年収380万円の私からすると、1か月分の給料に匹敵する貴重な収入源になります。


 まだ、コンビニ副業はスタートしたばかりですが、しばらく続けてみようと思っております。

 


なぜ、コンビニ副業を選んだのか?

コンビニ副業のメリットとデメリットを説明します。

 

■メリット

 1、シフトなど時間調整がしやすい
   (コンビニは深夜や早朝も営業しているため、日中働いているサラリーマンでも、
    深夜や早朝に勤務することが可能です。体力的には慣れるまで大変疲れますが・・・)

 2、勤務地が自由に選びやすい
   (コンビニは自宅近く、会社近く、通勤途中など、店舗数が多いため、
    好きな場所で働く事が可能です。
    転勤になった場合も、転勤先の近くのコンビニで勤務可能)

 3、マニュアル化されている
   (コンビニの業務はマニュアル化されており、最初は覚える事が多いですが、
    時間毎に、しなければいけない業務が決まっております。
    店舗が変わっても、同じチェーンの場合はレジ操作も基本は変わりません)

 4、独立開業時に本部への手数料が下がる
   (副業とは離れますが、アルバイトでも勤続年数により、
    チェーンによりますが、オーナー加入時の独立開業時に手数料が下がる契約条件があります。)

 

■デメリット
 1、時給が安い
   (高額な時給が貰える仕事はありません。
    都市部の深夜時間は時給が高いですが、
    眠いわりに納品量が多い場合があり疲れます。
   
    日中は、地域の最低賃金の場合もあります)

 2、顔がばれる可能性
    (本業の会社の近くでコンビニ副業を始める方はいないと思いますが、
     コンビニは不特定多数の方が来店されるので、知り合いに会う可能性があります)

  


 コンビニ勤務が楽しいと思った場合ですが、自分でオーナーとなる独立起業の道もあります。


 コンビニは、元手として現金300万円、
 (現在は融資も引きやすく、100万円くらいでスタート可能なパッケージも用意している本部もあります)

 家族の専従者を探すか、研修で本部に認められた場合、
 サラリーマンを退職して、独立開業への道を切り開くことが可能です。

 コンビニは、本部の商品力と立地選択で大きく失敗する可能性が低いです。
 ただ、子供を育てていく為には金銭的に厳しいと思いますが・・・
 
 約、1日の売上(日販)がコンビニオーナーの収入になります。
 東京ですと日販で45万円~60万円くらいです。
 そこから廃棄費用や資材費用(袋とか割り箸)が消えていきます。

 
 コンビニ副業は、サラリーマンを解雇された場合のリスクヘッジにもなります。
 


皆様、お小遣いを増やしたくありませんか?

本業を持つサラリーマンに、コンビニ副業は最適と思っております。


一緒に頑張りましょう。